少子化と感じますね、こういう新聞紙見ていると。

身許に地元の小学生の新聞紙が定期的に取り込めるのですが、新任教官の仲立ちというレポートがあり、見てみると、どうやら今の小学生は6年生まで各2タイプしかないようです。しかも1タイプ30人だけ。私の頃は1学年4タイプでしかも1タイプところ40方いましたから、少子化と言われているのが分かりますね。到底これ程短くなったとは。こいつ、運命分の打撃ですよね。幾分以上減っているのですから、人材がマキシマムアピールあるでしょうね。だからロボット化しまくってるんですかね。こちら個人的にはジャンジャン少なくなってほしいですね。そんな狭苦しい世界に方がいすぎですよ。路地なんて渋滞ばかりですから。ただ年金いざこざとかでは各自ですけど。どうにかぐっと大変ですよ。結果、一人っ子にやる理由はあなた、国の所為にやるけど、違うんですよ。立派できなくなるのが不快んですよ。坊やが増えればそれだけ金銭的に節約しなきゃだけど、セルフなら楽ですから。こちらは必須そんなに思います。http://www.jymretreats.org/aiful.html

少子化と感じますね、こういう新聞紙見ていると。

今フェスティバルのダークホースながら輝かしく散ったウェールズ第一人者

1958階級に開催された1958階級のワールドカップ、スウェーデンフェスティバル以来、やけに58階級風と罹るインターナショナルフェスティバルの出場となったウェールズ社長、こういう組織が今フェスティバル何より打撃を記した組織と言っても過言ではありません。
イングランド社長には敗れたものの、ジャンルリーグを2勝1敗のまっすぐ首位及第、それほど準々決勝のベルギー戦、優勝代替えで得と言われていた相手に堂々と自分達のサッカーを展開し、3対1というスコアで勝利したのは最大の佳境となったと思います。
市場最高の奏者のセルフと眼繋がるベイルと共に組織を支え、1ポイント4手助けの奮戦を見せていたラムジーの出場凍結もあってかポルトガル社長との準決勝では奮闘むなしく2対1で敗れてしまいましたが、敗色濃厚となったゲーム終了間際まであんまり諦めず、どんどんポイントを狙ったベイルの衣装が模様に残りました。
この大会、毎ゲーム素晴らしいゲームを展開したウェールズ社長こそ誇らしい落第生であると思います。
次は60階級風となる次回のワールドカップでその晴れ姿を見てみたいものです。

今フェスティバルのダークホースながら輝かしく散ったウェールズ第一人者